メールでのお問合わせはこちらから

平成23年4月1日より病院長に就任いたしました。 当院は平成元年に設立され、近隣の地域医療の中核を担うべく地域とともに発展してまいりました。
今後も初心を忘れることなく、地域の方々のニーズに応じた医療を確立していく方針であります。
現在青森県に限らず地方の医療情勢は非常に厳しくなっており、医療格差や医師・看護師などの人材不足は深刻な状況になりつつあります。
当院としてもこの厳しい状況を打開すべく様々な経営努力を展開しております。
医師確保に関しては、私と間瀬理事長(前院長)の母校である東京慈恵会医科大学から各種専門医を非常勤医師として招聘し、大学病院と同等レベルの医療を皆様にご提供できるよう配慮しています。
スタッフ育成に関しては、准看護師から正看護師への資格取得に対し奨学金制度を発足させました。またすべての職種の研修会参加費負担や専門資格取得に対する援助など、病院スタッフ全体のスキルアップにも積極的に取り組んでおります。
病院としてはオール電子化計画が進行中であり、平成25年度末には電子カルテが稼働予定であります。
今後診療レベル、医療安全、患者満足度、スタッフレベルなどを向上させ、更なる病院機能の確立を目標としていきたいと考えております。