メールでのお問合わせはこちらから

胃カメラを受けられる患者様へ

【ヘリコバクター・ピロリ感染症について】

ヘリコバクター・ピロリ菌は、胃の中に住んでいる細菌で、胃・十二指腸腫瘍や胃がんの原因になることが最近分かってきました。ピロリ菌は現在、日本人の2人に1人が感染していると言われています。

平成25年2月から保険制度が改定となり、胃カメラを受けられ慢性胃炎の診断が得られた患者様に対しても、ピロリ菌の検査・治療が可能となりました。(それ以前は、胃・十二指腸潰瘍の患者などに限定)
ピロリ菌がいるかどうかの判定には、組織検査、吸気テスト、血液検査、便・尿検査と様々ですが、状況に合わせて選択する必要があります。またピロリ菌に感染していることが判明した場合には、除菌治療が推奨されています。(抗生物質を1週間内服する治療)

ピロリ菌の検査・治療を希望される方は、担当医師または看護師までご相談ください。