メールでのお問合わせはこちらから

基本方針として正確な診断をもとに、予想される予後ならびに最良と考えられる治療法について患者さんと情報を共有し、納得いただける診療を行うよう心がけています。
鏡視下手術を含んだ手術侵襲の軽減、日常生活を考慮した手術に努め、一方では必要に応じた拡大手術を行っています。
術後合併症を発生させないため、術中・術後管理に細心の注意を払い、短期入院を心掛けています。

消化器(食道、胃、小腸、大腸肛門、肝臓、胆道、膵臓、脾臓)の悪性疾患(癌、悪性リンパ腫など)や良性疾患(食道裂孔ヘルニア、胃十二指腸潰瘍、胆嚢・胆管結石、急性虫垂炎、痔核、腸閉塞など)、鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)に対する診療を行っています。
その他に下肢静脈瘤、皮膚良性腫瘍、外傷(切創、熱傷など)、褥創の治療も行っています。
治療は内視鏡的治療、鏡視下手術および従来からの外科手術を主に行っております。
また悪性腫瘍に対する抗癌剤治療も、中心静脈ポートを埋め込みを併用し、積極的に施行しています。

当院は「日本外科学会 外科専門医制度修練施設」関連施設です。

当院は「日本消化器外科学会 専門医制度指定修練施設」関連施設です。

当院は「NCD(National Clinical Database)」 外科系の専門医制度と連携した症例データベース事業に登録しております。

一般外科

内視鏡検査(胃・大腸・胆道・膵臓)

消化器・肝胆膵疾患に対する開腹手術、鏡視下手術

単孔式腹腔鏡下手術

消化器・肝胆膵疾患(ポリープ、早期癌、胆管結石、悪性胆道閉塞など)に対する内視鏡治療

ヘリコバクター・ピロリ感染症の診断・除菌治療

胆道疾患に対する経皮的レントゲン透視下治療(経皮経肝胆道ドレナージなど)

下肢静脈瘤、深部静脈血栓症などの静脈疾患、下肢虚血症に対する診断・治療

閉塞性動脈硬化症(ASO)、バージャー病などの疾患

ペースメーカー移植術